五月十一日

“ミスマネージ-混乱した人たちが会社を経営している”
元従業員 – ニュージャージー州ジャージーシティのセールスエンジニア
お勧めしません
ネガティブな見通し
CEOを不支持
AvePoint で 3 年以上フルタイムで働いていました。

長所

長所 – ほとんどありませんが、短所が非常に多いことを考えると、長所は全体的には小さな小斑点として現れています。一緒に仕事をする素晴らしい人々、良い技術、そしてそれがすべての終わりです。木曜のバカなドリンクカート、子供が好きそうなやつ。週に一度はビールやミックスドリンクを出してくれます。これもカウントされないと思うんだけど

欠点

応募・応募についてこれを完全に読んでから決めてください。

ここでの問題点は、非常に簡単に修正できそうな問題点がいくつかあります。修正 – 愚かな管理を取り除く。そういう経営者は、経営者としてのあり方や、チームメンバーとの話し方、やってはいけないことなどの本を読む必要があるのかもしれません。
ネガティブなものが多すぎるから誰かがポジティブなことを書かせてるから新しいポジティブなレビューが出てきてるんじゃないの?正直に言うと誰も騙せない。
日付順に並べ替えて、さかのぼります。次から次へと不満を持つ人が出てくるだけです。なぜ?会社が少しも学習していないからだ。何度も何度も同じ過ちを繰り返している。決断が大失敗に終わったとしても、それに対する反応はない。主要メンバーの誰かが離れるまでは反応しない。そして、悪い時に悪いことばかりして反応してしまう。セールスエンジニア、プロフェッショナルサービス)のようなテクニカルチームにしても、営業にしても、毎年行われるシャッフルには驚かされます。一人のマネージャーが一年間チーム全体を引き取り、彼らを非難し、人々は去っていく。別のマネージャーは、チームが何をするかわからないことを引き継いで、チームを誤魔化し、人々が去っていく。そうすると、「痛みが増している」と言われます。痛みが増しているわけではないので、その言い訳を使うのはやめてもらう必要があります。
経営者の中には、経営者の立場にすらなってはいけない人もいるはずです。資格は一切ありません。人前でチームのメンバーを怒鳴ってもマネージャーにはなりません。状況を適切に処理し、話をして理解させることが、相手のやるべきことである。
はい、怒鳴られます。全く敬意を払わない。
経営者の中には、どうやって判断したらいいのかすらわからない人もいます。彼らは毎日気持ちを変え続け、実際にはチームメンバーと直接話すのが怖くて、どうやって会議を開いていいかわからない。このようなVPや、あるチームから別のチームへと呼ばれるようなVPは、会社のために一貫したメッセージやアイデアを持っていません。あるVPはAをやれと言い、別のVPはZを期待しています。VPの役割をやめるか、他のVPと会って全員が同じコンセプトを持つか、一つのコンセプトを決めるか。
私事ですが、2年足らずで3人の経営者を経験しました。私は誰一人としてチームを管理できる人として尊敬の念を与えていません。
HRはただのバカで使い物にならない。経営がおかしいだけ。1300人以下の企業では、このページに掲載されているCEO以外にも5、6人のCEOがいます。
士気が下がっているのはトイレで、変化をつけて持ち出すのではなく、万事順調なふりをして、その士気をさらに下げさせているのです。
技術はそこにある、売れる。会社に価値をもたらす可能性のある社員として尊敬されることはないでしょう。バスの下に放り込まれることを期待しましょう。管理が行き届いていることを期待しましょう。重度の過少賃金を期待してください。パイプラインがクソなのに、巨大なノルマを与えられることを期待してください。それはあなたを失敗に陥れている。他の会社で働いたことのない、いわゆる役員や副社長と一緒に仕事をすることを期待しています。長い間そこにいた人たちが、やっと離れていくのに十分なプッシュを得られるようになることを期待しましょう。最悪な会社の一つであることを期待してください。それは-あなたが参加する場合。やらないでください。

経営者へのアドバイス

立ち去って、誰かに自分の立場になってもらう。あるいは、経営者としてのあり方を学ぶ。本を読む。何をすればいいのか、チームですら何をしているのかわからないのに、VPやディレクターの肩書を持つべきではありません。
チームを尊重しましょう – 彼らは仕事をしていて、あなたを良く見せてくれています。悪く扱うと損をします。チームへの話し方を学びましょう、マネージャーのように振る舞いましょう。

肩書きではなく、成長を促す。彼らが新しい技術を学んでいることを確認し、数字だけではなく、チームに焦点を当ててください。

真面目な話、すべての経営者へのアドバイスは、身を引いて、実際に経験を積んでいる人を見つけることです。彼らに変化を起こさせて、変化の流れに身を任せる。